one day *

旅行、日常、山、キャンプ、思い立ったが吉日!な日々。

お世話になります「Gojek」様

f:id:toitoi7:20200111102541j:image

こんにちは、TAKAです。

今日は、冬旅2019で大変お世話になった「Gojek」についてちょっとだけ。

Gojek!

インドネシアではなくてはならない存在らしいです。バリ島在住の友達も使いまくっていました。要はアプリなんですが、オートバイ、車の配送サービスや料理の宅配など、他にもたくさん便利なサービスがあるらしいので複合サービスアプリでしょうか。

私が利用したのは「Gocar(タクシー)」のみですが、バリ島在住の友達は料理の宅配、先日はアロマオイルの宅配、「あそこのジェラート美味しいよ!」と私のヴィラまでデリバリー!などなど、頻繁に利用していました。街中でもGojekのロゴ入りヘルメットをよく見かけます。上の写真は「Gofood(デリバリー)」を利用した時のジェラート。

 

このアプリの良い所は、料金が最初に確定されること!ですね。

アプリで配車依頼をする時に行先を設定します、この時点で料金が確定します。タクシーだと道が渋滞するとどんどんメーターが上がっていき、どきどきしますが、Gojekの場合変動しません。最初に記載されている金額を降車時に支払うだけです。ぼったくられる心配もありませんし、英語力の弱い私には最強のみかたです。

 

私の場合ですが、予想以上に渋滞してしまい、何だかこちらが申し訳ない気持ちになった時は、気持ちだけ上乗せしてあげたり、「お釣りはいいよ」としています。最後に運転手さんの評価をアプリ内でして終了です。

 

f:id:toitoi7:20200111101249j:plain

 

この評価は車のナンバー、ドライバー名と一緒にアプリ内に表示されます。この表示を確認してから依頼すればさらに安心ですよねー。現在地も表示されます。

一人旅ならGoRide(オートバイ)がさらにお得ですが、私は一人でもGoCarかな〜。

 

ただ1つ残念なのは、利用不可な地域があること。ウブドでは使えません。試しに配車依頼してみましたが、「あなたの場所は制限区域内なのでお迎えに行けません」とチャットが帰ってきました。ウブドではブルーバードタクシーなどのメーター制のタクシーも利用できません。

路上で「taxi」などの看板のようなものを持った人たちと値段交渉して乗せてもらう方法のみです。相場が分からないと利用しづらいですがウブドではそういう決まりなのです。もし制限区域内で営業しているのが見つかると、運転手はボコボコにされるらしいですよ。でもGofood(デリバリー)は何度も見かけたのでこれは良いみたいですね。

 

利用制限はあるものの、かなり使えるアプリでした。特にGofood!!

日本でもUberEatsがあるけれど利用できるのは都心だけなどと、まだまだですからね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

.foot